活動ブログ

ホーム > 活動ブログ > 特定ケア看護師の挑戦。

特定ケア看護師の挑戦。

皆様初めまして、特定ケア看護師の進士勇介と申します。
私はJADECOM-NDC研修センターを平成28年に修了し、静岡県の南端に近いへき地病院に勤務しております。
現在までに研修した診療科としては内科、外科、整形外科を中心として、すべての診療科で入院管理の獲得を目標に研修を行いました。
現在は内科病棟で起こる急変や発熱、低酸素などの初期対応や救急外来での初期応対や処置応援などを主な業務としています。
とても刺激的な毎日で、先月のブログをアップしてくださった診療看護師の筑井さんと働いた期間中は仕事や勉強であっという間に時間が過ぎ、昼食が17時になってしまうほど充実した日々を送ったことを強く覚えています。

日々の業務を行う中で、JADECOM-NDC研修センターのありがたみを感じることは、臨床推論とプレゼンテーションの教育を重点的に受けられたこと。
病歴や所見、検査結果をまとめて状態や可能性が高い疾患を推測し、医師に伝わる言葉で情報伝達する。共通認識ができた上でないと考察したプランへの同意を得ることや、医師からの指令を理解することは難しかっただろうと日々感じています。
研修期間は正直つらい事が多かったですが、振り返れば基礎を作るための最高の環境だったと思えます。
一番のやりがいは患者さんが元気になって帰ること。
私たちのできる事は目立つものではないかもしれませんが、診る+看るの力で少しでも退院に近づけて行く事がやりがいに繋がっていると感じています。

ぜひ一緒にパワーアップして、へき地を支える特定ケア看護師を目指しましょう!!
皆様の挑戦をお待ちしております。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+