活動ブログ

ホーム > 活動ブログ > 特定ケア看護師ブログ > 訪問診療・訪問看護研修

訪問診療・訪問看護研修

台東区立台東病院の特定ケア看護師2期生の岡田と申します。

2017年8月末に研修を修了し、早いもので1年8ヶ月が経過しました。当院では3期生の臨床研修が開始され、特定ケア看護師の活動の場も広がってきました。
これも各部門関係者皆様のご協力あってのことだと思っています。本当にありがとうございます。

さて、私は今回2週間、訪問診療・訪問看護研修として岐阜のシティータワー診療所と揖斐郡北西部地域医療センターへ行かせていただき、たくさんのことを学ぶことができました。
病院と比べ特定行為を実施する件数は多くはありませんが、臨床推論がなにより必要であり、特定ケア看護師として慢性疾患のコントロールやcommon diseaseの対応が求められていると感じました。さらに、昨年受講したPOCUS-エコーの手技はとても有用で、今後検査技術のレベルアップを目指したいと思います。
また、地域医療で働くうえで予防活動の必要性を実感しました。特定行為のスキルアップはもちろんですが、特定行為が必要にならないためにどのようなことを考え、どのようなケアを実践していくかを考えられるようになることが今後の課題です。

さらに研修中特定ケア看護師についてプレゼンテーションさせていただき、たくさんの方に興味を持っていただきました。今後仲間が増えていくことも楽しみです。
年度末の忙しい時期にもかかわらず、研修先の皆さんは快く研修を受け入れてくださり、あたたかく迎えてくださいました。本当に感謝しています。今回の研修でたくさんの課題も見つかりましたが、やりたいことも見つかり、とても充実した2週間でした。まだまだ未熟者ですが、皆さんのチカラを借り生涯学習をつづけ、患者・家族・スタッフから頼りにされる特定ケア看護師を目指していこうと思います。

この施設が舞台になった漫画が公開になりました!
ぜひこの機会にこちらから御覧ください。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+